Archive for 2月, 2012

2月 24 2012

Posted by under

胡桃を貯めこんで


胡桃を拾う時期は丁度栗拾いと同じ頃。
母は栗に目がなくて沢山拾ってきていた。
私は栗よりも胡桃が好きで、見かけると拾って歩く。
拾うといってもせいぜい1,2kgとほんの少し。
そんな気持ちが何処か通じたのらしく、叔母たちから胡桃が届いた。

胡桃にも先がとんがったハート型のがあると気付く。
調べると姫胡桃と出ている。昨秋拾ったのが“姫胡桃”。
頂き物の“鬼胡桃”はゴツゴツして丸みがある。
この鬼胡桃は22年産のもので、
今年のように放射能汚染が気になる時期は有難い頂き物。

皮と共にあるのが“ヒッコリー”(胡桃の一種)で
昨秋、仙台へ出かけた折りにnatちゃんと拾ったもの。
これは少し汚染されているかもしれない・・・。
リースにつけたら素敵かもと思いつつ仕上げずに終わる。

この胡桃を食べようと思うとかなり手がかかる。
胡桃割などでは割れないのだ。

軍手をしてさらに縄で胡桃を巻いて重いハンマーで叩く。
台も石などの硬いものが必要。
殻からは千枚通しなどでほじくる。
小さな殻も手で拾いようやく素材になる。
こうして300g~500gもの胡桃にするには一日仕事。

今日などはお菓子に使いたくて50gだけ剥いて早速取りかかったが、
何とこんな失敗するかというくらい喰えないものが出来た。
捨てるほどのものを作った経験は記憶に無いくらい。

さてまた剥く作業を続けるとしよう。

No Comments »

2月 18 2012

Posted by under

自家製甘納豆

甘納豆
大納言小豆を畑に植えて収穫したのが昨年秋。一袋の種が約4L程の量になった。
お正月のお汁粉などを作って、次に思いついたのがのが甘納豆製作!?
ぬれ甘納豆が好きなお菓子だけれど、意外にいつも買えるとは限らない。
小豆があるのだから作ってみようと初めて・・・3日目ぐらいに完成。
柔らかく煮てから糖蜜(ザラメ)の濃さをかえて2回ほど浸しこむ。
ストーブの前で乾燥させてグラニュー糖をまぶしてお仕舞い。

難しいと思ったのが、豆が割れないように煮ること。
差し水しながらゆっくり煮ても途中で半分近くは割れてしまう。
大分柔らかくしたつもりでも乾燥段階で硬いかなと思ったり。
何度か試行錯誤しないと上手くいかないのでしょう。

まずはお茶請け。次に ベーグルに混ぜて焼いた。
これはとてもヒット。自作小豆で自作甘納豆。
ベーグルと全て自作の食料が今のところ一番。

No Comments »

2月 16 2012

Posted by under

生姜はちみつ豆乳紅茶

jジンジャーティー
陽射しが少しづつ強くなり、縁側に蘭とシクラメンを移動させては陽に当てて陽がかげると暖かい室内に。ミニシクラメンも大分花が咲き揃ってきた。
仕事に毎日出かけているときは暗くなってからでも取りいれるを繰り返していた。すると本当に応えてくれて蘭は良く咲いていた。

ここのところ咽喉の調子がどうも良くないので、お茶をきらすことなく飲んでいる。
一日何度もお茶の時間があるので、あまり高価でない紅茶に生姜、はちみつ、豆乳を入れて飲むことも多い。その都度お茶菓子はなるだけ食べないように努力。動かないで摂取したら春には大変なことになるのだから・・・。

No Comments »

2月 09 2012

Posted by under 漆・木工

漆椀の補修できました!

補修済みのお椀
昨日、今日と最高気温が-3℃で外へ出かける気分になれない。
陽射しがあると大抵は暖かくなるものなのに風が強い。
最近作り手さんに戻していた漆の補修が上がってきた。
ところがどなたから預かっていたのかしばらく思いだすのに時間がかかった。
ようやく預かった時の風景を思い出してメールを差し上げたら、やはりすっかりと忘れておられた。
お買い上げからあまり時間をおかずに高台の片隅を欠いてしまったと、閉店間際にお預かりしたものだった。
かれこれ11ヵ月も経っているのだから仕方がないこと?!
この画像を見て思いだして頂きたいところです!!
ちなみのこの椀 :浅野奈生さんの『奈椀』

No Comments »

2月 05 2012

Posted by under 季節

白の侘介椿


雪は少なく寒さが際立つ2012年。
お正月あけて直ぐから咲き始めた侘介椿。
寒風が吹き始める頃に玄関に入れて置いたもの。
去年よりも花数が多く20輪余りもあり、まだ咲き続けている。
一輪切り取って挿したいところだけれど、枝ぶりはまだ切るに耐えない。
思う存分飾れる日まで大事に育てよう。

No Comments »

2月 02 2012

Posted by under

乾燥する時期の飲み物

大袋の阿波晩茶飲んだ後の茶葉
昨年の大震災で放射性物質が飛散してからどうも緑茶から遠のくようになった。
今は頂き物の京都のお茶。これが無くなったら九州から送ってもらう八女茶を飲むことになる。
それまで四六時中飲んでいた緑茶は一日一度飲むかどうか・・・。

変わって「阿波晩茶」を薬缶にたっぷりと作り食後や合い間に飲むことにしている。
このお茶は少し変わっている。日本茶なのに発酵させたお茶でかすかに酸味を感じさせる。
それがどんな食事の後もさっぱりする感じが気に入っている。

もとはと言えば古くからの友人が、昨秋に自分はあまり好きになれないからともらいものをたっぷりと送ってくれたことから始まる。
葉っぱはいかにも自然そのまま乾燥させたようにカサカサと大きなまま。
茹でて揉んだ後に樽に詰めて4週間発酵させる。そのあとむしろに並べて三日間天日干し。
そんなに手間暇かけて最後に大きな紙袋に詰めたもの。
あっという間に飲みつくして今年は徳島から取り寄せた。

咽喉の調子がイガイガすることの多い今年の天候にはとても都合がいい。
インフルエンザがはやっても一度も家族も私もかかったことがない。
常にお茶を飲んでいるたことも要因かもしれない。
このお茶のほかには、もちろんコーヒー、紅茶、ガヴァ茶も常に飲むことにしている。
一番好きな緑茶が一番最後に来るというのも内部被曝に少しは気をつけようと思うからこそ!?

●阿波晩茶とは
阿波晩茶は、お茶でありながら乳酸菌飲料でもあり、さわやかな酸味があるのが特徴です。
7月中旬以降完全に成長した一番茶のみを摘み、大きな釜でゆで、茶すり機で茶葉をすり、桶に一ヶ月間以上、じっくりと漬け込み、乳酸発酵させる、独自の乳酸菌製法によりつくられます。この特徴ある製茶法は、一般的な緑茶の製法とは大きく異なっています。

No Comments »