Archive for 8月, 2010

8月 29 2010

Posted by under

仕事は早朝に!

お店を開けるはここのところ12時から。実際にはこの猛暑の夏の朝は早起きしていろいろ片づけなければならないことをしてから出勤することにしている。今朝は“ルバーブジャム”を2kgほど仕込んだ。これに砂糖を加えるので都合3kgのジャムが出来上がった。涼しいうちに効率よく仕事が出来る。

ジャムを煮込むのと同時に隣で瓶の煮沸消毒も同時に行う。頃合いをみて瓶の水を切り、ジャムの温度が下がらないようにして詰め込み、逆さにひっくり返して抜っ気する。意外に大量のジャムが一度に出来る。画像は今回も撮らずに終了^^;。

◆さて月末ですが30日(月)31日(火)は連休といたします。
  水曜以降にお待ちしております。

No Comments »

8月 27 2010

Posted by under 手仕事

鍛造片手鍋


昨日の頂き物のコーヒーを早朝まだ明るくなりきらないうちに説明書の通り、ゆっくりと淹れてみた。少し濃いめに淹れたのだけれど、嫌な苦味はなく美味しいと感じるものだった。これから早起きしてしばらくは至福のひと時が楽しめる。

本日の入荷は久しぶりに寺山光廣さんの鍛造銅鍋。
ご予約頂いていたので早速連絡を差し上げなくては。

このおしゃれなミルクパンで、コーヒーを淹れたらさぞかし穏やかなコーヒーが入るのではないか・・・?!

片手鍋 深
 大:径13.2 高9.3㎝ ¥45,150
 容量:大6カップ強
 銅製・鍛造

 寺山光廣 作

◆現在「伊勢丹新宿店」にて
  “くらしの道具二人展”が開催されています・
  寺山光廣氏、蜂谷隆之氏が出展しています。
  8月24日~31日
  ・伊勢丹新宿店本館5階、特選和食器売場

No Comments »

8月 26 2010

Posted by under

頂き物・・・コーヒーと気になるりんご


気温は予想通りに高め、室内で32℃もある。
そんな暑さも何のその?!iwaさんがコーヒーをお送りくださったので気分はルンルン。
手で淹れたいところだけれど、お店なので一応コーヒーメーカーで淹れてみた。
驚くほど透明で飲み口もスッキリ。それでいてしっかりと程良い渋みや微かな酸味もあるコーヒー。
3杯分もあっという間に頂いてしまう。

千葉県柏市にある“ストリーム・ヴァレリー”さんのスタンダードブレンド。こんな素晴らしい味のコーヒー豆を焙煎して淹れてくれる喫茶店の近くにお住まいの方に私は、安直にコーヒーメーカーで淹れたものを出していたのだった^^;。

明朝には手でゆっくりと抽出して飲んでみることにしよう。
一緒に写っているのはhirさんから頂いた“気になるりんご”で初もの。
丸ごとリンゴが入っているパイ。3時のお茶に楽しませてもらう。

No Comments »

8月 23 2010

Posted by under 漆・木工

金継ぎすると・・・


本日久しぶりに真夏日、32.9℃、湿気は少なく過ごしやすい。
毎日使う食器は、欠ける危険性大。欠けてしまっても捨てられない器は多いはず。特にgallery藍にて買い続けてくださっているお客様の場合など。5客づつお買い上げ頂いている方が圧倒的に多く、その中から1客だけ欠けたり壊したりしたものは余計に悔しい。

当方でも下手なりに救助しなくてはならない時には細々と手掛けていたけれど、満足のいく状態に直すのは至難の業。本漆の扱いが難しい。金を乗せた時にいい状態にまでするのも手間暇欠けている。プロで漆職人、納得の行く直しをして頂ける人を見つけた。

大事な器を壊してしまった時には、遠慮なくご相談を寄せてください。 また大事に一生使い続けることができます。

No Comments »

8月 22 2010

Posted by under 暮らし

一箱古本市


一人だけの一箱古本市。以前は段ボール箱にもう読んでしまった本を入れて、ご希望があれば¥100~300でお買い上げいただいていた。新しい本を足さずに、展示台の下にいれたまま居眠り状態の本がそこにいた。昨日のことtakさんがワインの箱と以前にお買い上げのシリーズものの本などを返却??にいらした。何かいい箱に替えたいと思っていたのでタイミングよく使わせていただくことにした。古い本でも少しおしゃれに見えるから不思議・・・。もうきっと誰も食指を動かさない時代ものなどは古本やさんに売りに出かけて処分し、まだ誰かに直接読んで頂きたいものをこのすてきなワイン箱収めたのだった。

No Comments »

8月 20 2010

Posted by under 漆・木工

雲も空気も秋の気配・・・楢キャビネット

晩は窓を閉めて運転しないともう風邪をひきそう。既にひいてるのでこれ以上悪くならないように、気を使っている?!
そしてコオロギやスイッチョなどの鳴き声の大きいこと!ことにスイッチョは明るい家の中が好きらしくドアが開いているスキにもぐりこみ、皆寝静まる頃に大きな声で鳴くのである。一度に2匹も入っていて、鳴きだす気配を感じただけで笑ってしまった。正確には羽をすり合わせているのかもしれない。従って寝る前に目を光らせて見かけたら外へ放り出すことにしている。

撮影:工房悠さん


さて、丁度お盆のあたりに・・・工房悠さんからお客様のところに、以前からお願いしていた家具が出来上がり送付された。工房悠さんは静岡県島田市、お客様は隣県の方なので、納品に立ち会うことはできなかった。届いて翌日にはお客様から画像メールが届いた。更にお客さまも所用があって、来盛されたので、ゆっくりお話させて頂くことができた。本当に長年望んでいたうつわ用の素晴らしいキャビネットが出来てきたので、喜んでいらして、こちらまで嬉しくなってしまったのだった。

ちょっとだけ工房悠さんから画像をお借りしてご紹介と行こう。
依頼主のポリシーのっとって必要なデザインを起こしてくださるので、究極の家具と言えるかもしれない。シンプルな作りは将来的にはうつわ以外のものを収納することだって可能だ。素材も抜群の良さ。惚れ々々する用な家具が出来上がった。

※制作過程も工房悠さんのblogに行くと見ることができます。

No Comments »

Older Entries »