Archive for 12月, 2009

12月 29 2009

Posted by under 漆・木工

最後に筒鉢・・・お餅の鉢に?!

最後に筒鉢・・・お餅の鉢に?! – 2009/12/29
とうとう明日で今年の営業もお仕舞い!
掃除と棚卸をして3時頃で閉店の予定。

今年最後の入荷は蜂谷隆之さんの筒鉢に。
お正月に漆のうつわは欠かせないはず。
お餅をいろいろな種類の味で頂く習慣がある家庭の場合、
うつわも沢山並ぶと思うけれど、この筒鉢、
黄粉などの飛び散りやすいものや、
からみ餅、納豆餅、あん餅などいろいろ入れてみたくなる。
お雑煮だっていい・・・。

蓋は別売りで、筒鉢、多用碗、くらわんか椀にぴったり!
今年の残りは朱と黒一客づつ。
次回はいつになるか全くわからず・・・。


・筒鉢 (朱・黒)
径12.2 高7.5㎝ ¥8,400
※渕に布着せしてあり、安心感は抜群。
今回黒は売り切れ、残は朱が2客のみ。
お蕎麦の大きな蕎麦猪口としても。
つけ鴨など如何・・・?

蜂谷隆之作

◆良いお年をお迎えください!!

No Comments »

12月 27 2009

Posted by under

久しぶりに地元作家・雪ノ浦さんのうつわ

本日も暖かな日中・・・中津川の白鳥は30羽ほどに増えたもよう。
昨日ご本人が持参してくださったうつわは白化粧した表面に更に漆をかけて焼き付けたもの。どこかアジがあって使いたくなるうつわ!
夏に忘々さんにて食事をした時に鰹のお刺身が盛られて出てきたうつわを雪ノ浦さんの?と聞くとそうだという。そこで道端で会った時に注文したもの。冬だと何入れよう?暮れからお正月はお煮しめでも入れてみようか・・・?
変化を楽しみにしながら付き合いたいうつわとなりそう。
鉄色の角大皿もいい感じに変わるのだそう。

・角大皿
 29.0四方 高4.3㎝ ¥12,600
 ※大きなお皿も活躍するシーズン。普段は果物のお皿に!

・片口
 大:径20.5 高5.5㎝ ¥10,500
 中:径17.5 高5.0㎝ ¥6,300
 ※盛りつけてあるものを通り越して目にとまるうつわ?

雪ノ浦裕一作

No Comments »

12月 25 2009

Posted by under

何気なく使いたいうつわ・藤塚光男さん

今日も4℃ほどまで上がり暖かい気がする盛岡です。
藤塚さんの優しい絵付で普段に使いたいうつわが届く。

・秋草文渕折5.5寸浅鉢
径16.5 高4.0㎝ ¥3,990
※随分長い間の定番です。
一年に一度位しか入れませんが、大きさ、深さ共に出番の多いうつわになることでしょう?!

・飯碗 (矢羽根文)
径12.0 高5.8㎝ ¥3,990
※意外にこれは初めての柄。


・箸置き
斜め麦ワラ 長5.5×2.1 高1.3㎝ ¥630
南瓜文   長5.0×3.3 高1.0㎝ ¥1,470
※箸置きも切れていたので、今回はこの2点。

藤塚光男作

◆この他には、渕鉄七宝文楕円皿、絵替り蕎麦猪口、牡丹唐草文コーヒー碗が入りましたけれど全部ご予約の品です。藤塚さんの作品は柄指定でご予約を頂くのが一番確実にお渡しできます。

◆本日は地元の雪ノ浦裕一さんの作品が少し届けられました。
浅野奈央さんの奈椀もはいりましたが、まだ画像にはならないうちにお買い求めいただきました。
あと一客あります。形を気に入って頂く事が多いようです。

No Comments »

12月 24 2009

Posted by under お取り寄せ

冬のお取り寄せ


気温が5℃ほどに上がって道の雪は融け、乾いてきた。
昨日杜の大橋を車で通った時のこと、高校生が融雪道路になっている歩道でトレーニングしていた。
もう校庭もランニングに使える状態ではなさそうなので、いいところ見つけたものだわ~と思いながら通ったのだった。
風がなければだけれどね。

冬至も過ぎて今日はクリスマスイブ。近年クリスマス気分は私的に盛りあがらない。
当然と言えば当然、あと数日するとお正月になるのでどちらかというとそちらの方がぴったり来る。
朝のうちには初めてのシフォンケーキを仕込んできた。どうやら膨らんだらしい。
今日はお椀をお求めの方が目立つ。本日は多用椀のご希望が続いた?!
プレゼントという方もいらして、色が揃わなくて・・・
お急ぎではなさそうだったので来年に廻っていただくことに・・・。

冬のお取り寄せも今日のオリーブオイルでお仕舞い。
今年は引っ越したので前からのお取り寄せ仲間にもあまり声を掛けずにひっそりと取り寄せる。
またお近くの方達でまとまって取り寄せるのがかえって良さそうでもある。
オリーブオイル(ヴォーノイタリア)も無くてはならない存在のオイルになっているし、お酒も少しだけ頼む人と、多めに頼む人と別れるが、暮れに手に入ってよかった!

◆藤塚光男さんの今年最後の荷が入る。
染付が中心、明日に載せる予定。

No Comments »

12月 22 2009

Posted by under

鉄釉のポットなど・・・

朝から雪が降り続いていたが、午後には上がった。
気温も3℃ほどに上がると道は雪が融けだしてかえって歩きにくい道になる。
こうしてみると融雪道路が限られている盛岡は気をつけないと杖をついたお年寄りが転んでけがをしそうだ。
実際歩いているのを見てもこちらの方がハラハラしてしまう。
私もあまり凍りついた道は避けて、中央通の融雪道路、大通りのアーケード下を歩くようにしている。

さて本日も鉄釉のいろがすてきな田中大喜さんのポットを載せて置きましょう。
伝統的な釉薬なのに形と相まってポップな感じもする。若手が使いたいと思ううつわを作る作家なのかもしれない。
小鉢類は来年にお願いすることにしよう。

・ポット
本体径9.0 高15.5㎝(蓋まで) ¥7,875
容量:500ccくらい
※持ち具合、注ぎの切れも良し。釉だまりが下できている。
持ち手が口と高さが揃っているのでコーヒーポットとしても使えそう。

・ひろり鉢
径22.0 高5.5㎝ ¥3,885
※昨日の石皿とは違って縁がシャープに上がっている。持った感じも軽い。
パスタや盛皿として活躍すると思う・・・ん!?

田中大喜作

No Comments »

12月 21 2009

Posted by under

いい色の鉄釉皿

小雪が降り続いたけれど積雪として少ない一日。
最高気温は-1℃。明日は少しだけ上がりそう。

夏に出かけた時に惹かれたうつわ。その時の作家のうつわが少し届く。
見本として送ってもらったものの中ですぐにも出したいものを載せておこう。
鉄釉がとてもよい色で、形も使いやすそうなものが多い。

作者は田中大喜さん、土岐市在住。来年には奈良にお引越されるという。
うつわとは嬉しい出会いだったが、まだご本人にはお会いできない。
秋にお会いするつもりで出かけたが、住所や連絡先も確かなものがなくて実現しなかった^^;

うつわは夏にみたものと違わなかった。
サラダや煮物をすぐにでも入れてみたいものなのだ。
価格は間違いじゃなかろうか・・・という設定。

・石皿(大)
 径27・0 高7.4㎝ ¥5,565
 ※石皿風にしっかりした縁。直径が9寸もあってこの価格。

・石皿(中)
 径21.3 高4.8㎝ ¥3,990
 ※シンプルで鉄釉の色もよくて、パスタなど入れたらさぞ映えるだろうと想像してしまう。

田中大喜作

No Comments »

Older Entries »