Archive for the '漆・木工' Category

2月 09 2012

Posted by under 漆・木工

漆椀の補修できました!

補修済みのお椀
昨日、今日と最高気温が-3℃で外へ出かける気分になれない。
陽射しがあると大抵は暖かくなるものなのに風が強い。
最近作り手さんに戻していた漆の補修が上がってきた。
ところがどなたから預かっていたのかしばらく思いだすのに時間がかかった。
ようやく預かった時の風景を思い出してメールを差し上げたら、やはりすっかりと忘れておられた。
お買い上げからあまり時間をおかずに高台の片隅を欠いてしまったと、閉店間際にお預かりしたものだった。
かれこれ11ヵ月も経っているのだから仕方がないこと?!
この画像を見て思いだして頂きたいところです!!
ちなみのこの椀 :浅野奈生さんの『奈椀』

No Comments »

2月 09 2011

Posted by under 漆・木工

漆・二段弁当

雪も大分融けてもう春かしら?というのは甘いと思い知らされる。
またしても粉雪がお昼ごろから降り始めた。
週末にかけて荒れ模様になるとの予報。

本日は蜂谷隆之さんのお弁当が入荷した。
細長い楕円形で二段は女性のお弁当として程良い大きさ。

一段目にご飯は必要な量を計り、余分ならばおかずも一緒に。
2段目にも副菜を小さく色々入れても混じりあったりしない。
仕事場へ行く時のバッグの中に収まりのよい形。

自らの健康管理を考えるとお弁当持参が一番。
詰めて見栄えもいいのでお弁当作りも愉しんでできそうである。

・2段弁当箱
 18.0×7.0 高8.2㎝ ¥31,500
 ※それぞれの縁には布着せ補強されている。
  

・スッカラ (溜)
 幅4.5 柄まで24.5㎝ ¥6,300
 ※先日入荷のカレー皿とお揃いでお使いください!
   溜塗りは丈夫さの点でも普段使いにおすすめです。
   他の塗りと同様、補修にも迅速な対応しています。

蜂谷隆之作

■詳細は、上段 “CONTACT欄”よりお問い合わせください。

No Comments »

2月 02 2011

Posted by under 漆・木工

漆のカレー皿


久しぶりに+3℃代まだ気温が上がった模様。
がらすの曇りも少なかった。
明日は節分、しばらく最高気温が5,6℃の予想。
陽射しも強く感じる、暦通りに春がくるのか・・・?

漆のうつわで全て賄いたいとおっしゃる方が暮れにみえた。
カレーやスープも食べるのにはどんな形が必要かしら・・・?と考えたが、
丁度蜂谷隆之さんがカレー皿を作っている最中だった。
出来上がったからと送ってくださる。
さて、使い勝手はどんなものでしょう?

・カレー皿 (溜 )
 径19.8 高5.4㎝ ¥21,000
 容量:すりきりで600cc
 ※縁と底に布着せを施してある。
   塗りとしての溜はかなりの強度があり、
   毎日何らかの盛り付けに活躍してくれそう。

 蜂谷隆之作

No Comments »

1月 08 2011

Posted by under 漆・木工

漆フリーカップ

熱い飲み物を欲するこの時期に漆のフリーカップが入荷。アッチチと言わなくて済むのです。
夏の蜂谷隆之個展にて発表された新作で、ご注文があったので再度発注したもの。
小鉢にだって使い良い?!

・フリーカップ
 径9.9 高6.9㎝ ¥6,300
 容量:220cc
 素材:欅、外黒摺漆、内錫
 ※飲みもの用や小鉢にも。めかぶやヨーグルトに。
   一緒に映っているのは、ホジャギ皿と溜塗茶托。

蜂谷隆之作

No Comments »

11月 26 2010

Posted by under 漆・木工

漆皮のトレー


夏に個展をひらいた蜂谷隆之さんから漆皮のトレーが届いた。
上に乗せるものはガラスでも陶器でもすてきだけれど、漆のうつわだと尚お似合い。在庫にあった蕎麦猪口&薬味皿と筒鉢小を乗せるといろいろな使い方が展開できる。トレーとしてだけでなく、お皿としてオードブルやお菓子を直接乗せることだって出来る。
気軽に使える漆のうつわを作ることにかけては定評のある蜂谷さん。これから漆に馴染んでいく世代にもお勧めの作家といえる。

・漆皮角皿 (朱・黒)
 20.0 四方 高1.6㎝ ¥12,600
 ※夏にお願いして4カ月がかりで納品。
   朱はすでに予約済、黒が2枚余裕あり。
   土台は皮で出来ていても、漆をしみこませてしっかり仕上げてある。
   普通の漆器と一緒の扱いに!
◆個展時の掲載頁⇒蜂谷隆之・うるしの器展・・・トピックス2

No Comments »

10月 28 2010

Posted by under 漆・木工

筒鉢の小は何に使う・・・?


夕飯時にはまだ早いのに外はとっぷりと暮れてさて今晩は何にするか・・・と考えつつ、蜂谷隆之さんの筒鉢を眺める。そろそろ新蕎麦の時期なので食指が動く。丁度金継ぎを上げて届けて下さった職人さんと辛み大根の話などしたからいけない。もう新蕎麦を打って食べる算段を頭の中で想像してしまっている。来週、葛巻出張産直をねらうことにしよう。

で、本日は蜂谷隆之さんの筒鉢を何に使うかと言うことで・・・、きのこのおろし和え、菊の花のお浸し、ズボ芋など季節の野菜をそのままで十分なご馳走になると思う。そして蕎麦猪口としてもいい大きさ。今まで入れていた筒鉢と重ねても綺麗に重なる大きさ。隣に我が家で使っていてツヤが出ているものを横に置いて・・・。

・筒鉢、小(朱)
 径10.2 高6.4㎝ ¥7,350
 ※甘酒、一口のスープ、ヨーグルトなどのデザートにも!
 蜂谷隆之作

No Comments »

Older Entries »